LINEで手軽に本格的なFXトレード【LINE FX】

SWELLは雑記ブログでも最強でした!! 有料テーマSWELLを徹底解説

WordPressでブログを始めるに当たり、テーマ選びってかなり重要で、悩みどころ!

途中で変更するのもしんどいし、みなさん失敗したくないはず。

そこで僕たちは悩みぬいた末、有料テーマ『SWELL』を選びました。

使い始めて間もないですが、有料テーマを買うのをケチってブログを書いてきたことを本気で後悔しています。

もし僕が初めからブログを書くなら絶対一記事目からSWELLを使います。

この記事ではSWELLのメリット、デメリット、設定方法を徹底解説していきます。

最後まで読めば、なぜ買わなかったことを後悔しているのかがわかるはずです。

目次

SWELLの基本情報

価格17600円
デザイン性
サポート
使いやすさ
機能性
テーマの使いまわしOK

SWELLは初心者にも扱いやすく、サポートもしっかりしている有料テーマです。

クリック一つで簡単に「こんなことできたら…」って思っていたデザインが簡単にできちゃいます。

SWELLの口コミは?

ここでは、実際にSWELLを使っている人の声を見てみましょう!

SWELLの悪い口コミ

頑張って探してもほんとに見つからない💦

確かに、高くて手が出ないのもよくわかります。

悪い口コミではないんですが、SWELLが高性能すぎて頼り切ってしまうのは事実です。

ブログを続けていたら自然に身につくHTMLやCSSの知識がつかないこと長期的に見たらマイナスかもですね。

SWELLのいい口コミ

次はいい口コミを見ていきます

もともとSWELLに備わっている装飾が万能すぎて、カスタマイズするためのプログラミングスキルが全く必要ないです。

1か月ほど使っていますがまだすべて使いこなせていないほどデザイン性、カスタマイズ性◎。

最適化されたテーマのプログラムと不要なプラグインを入れないことでサイトスピードが爆上がりします。

サイトスピードはSEOに直結するので大事な要素です。

テーマ変更において、デザインが崩れるのが一番怖いところ。

SWELLでは人気のテーマからの乗り換えプラグインが用意されているため、リライト作業がメチャクチャ楽。

なんといってもSWELL最大の特徴は新エディター「Gutenberg」の操作性

当初は使いにくいと悪評でしたが、SWELLではGutenbergに完全対応しており、ハンパない操作性です。

SWELLを使って感じたメリット、デメリット

メリット

  • 新エディター「Gutenberg」に完全対応
  • 専用プラグインで他テーマからの乗り換えがラクチン
  • ワンタッチでカンタンにカスタマイズできるデザイン性
  • 無駄なプラグインを削減できる
  • サイトスピードが改善される
  • SWELL開発者の了さんがスゴイ

デメリット

  • 値段が他の有料テーマより少し高い
  • 新しいテーマのため情報が少ない
  • SWELLのサポートが製作者の了さんただ一人

ここからは実際にSWELLを使っている僕の意見も踏まえて、メリット、デメリットについて書いていこうと思います。

SWELLのデメリット

SWELLを使用するに当たり思い浮かぶデメリットは大きく3点です

  • 値段が他の有料テーマより少し高い
  • SWELLのサポートが製作者の了さんただ一人
  • 新しいテーマのため情報が少ない

デメリット① 値段が他の有料テーマより少し高い

有料テーマなら、AFFINGER、JIN、STORK、SWALLOW、あたりが有名だと思います。

SWALLOWは9900円、STORKは11000円、JIN、AFFINGERは14800円なのに対し

SWELLは17600円と他の有料テーマより割高になってます。

SWELLを使っている僕からすると、+3000円の価値はあると思います。

それはメリットをよんでもらえればわかるはず。

デメリット② SWELLのサポートが製作者の了さんただ一人

実はこのWordPressテーマは了さんという若いフリーランスエンジニアおひとりで製作されています。

そのため了さんが突然ブッ倒れたらアップデートも、困ったときの問い合わせもできなくなるかもしれません。

(まあ倒れることはないと思いますが…)

デメリット③ 新しいテーマのため情報が少ない

SWELLは2019年に登場したWordPressテーマでまだまだSWELLに関する情報量が薄いです。

しかし、SWELLは直感的に操作できるところもいいところ、そこまで使い方で困ることはないはず。

また、購入者専用フォーラムやSWELL製作者の了さんにも気軽に質問できるので、そこまで大きな問題ではありません。

SWELLのメリット

ここまではデメリットについてみていきました。今度はSWELLのメリットについてみていこうと思います

  • 新エディター「Gutenberg」に完全対応
  • 専用プラグインで他テーマからの乗り換えがラクチン
  • ワンタッチでカンタンにカスタマイズできるデザイン性
  • 無駄なプラグインを削減できる
  • サイトスピードが改善される
  • SWELL開発者の了さんがスゴイ

いいところは多すぎるのでとりあえずこの6個にしておきます。

メリット① 新エディター「Gutenberg」に完全対応

WordPressでは2018年に今のブロックエディター「Gutenberg」が登場しました。

ブロックエディターが出て2年も経っているのに、なぜかGutenbergに対応していないテーマが多い。

それに比べSWELLはブロックエディターでこそ活きる、数少ないテーマです。

今はプラグインで旧エディターも使えますが、2022年にサポートが終了するため、全員ブロックエディターを使わなくてはなりません。

ブロックエディターでここまで操作性の高いテーマは他にありません。

A:これから使えなくなるエディターで最強なテーマ

B:これから使い続ける新しいエディターで最強なテーマ

どちらを選ぶべきかなんて聞かなくてもわかりますよね?

新エディターに対して柔軟に対応しているのも、比較的新しめのテーマならではですね。

メリット② 専用プラグインで他テーマからの乗り換えがラクチン

テーマ変更で一番怖いことってデザイン崩れだと思います。

せっかく書き上げた記事がただ一回のテーマ変更で台無しなんてたまったもんじゃありません。

そのためにリライトを何十時間もしたって話も。

しかし、SWELLでは、そういった人のためにテーマ乗り換えサポートプラグインが用意されています

  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Cocoon
  • THE THOR

この5つのテーマを使っている人はプラグインを入れるだけでサクッと装飾が引き継ぎされます。

メリット③ ワンタッチでカンタンにカスタマイズできるデザイン性

ブログって装飾にこだわろうと思えばHTML、CSSの知識などプログラミング力が要求されます。

しかし、SWELLでは、

Dのアイコン画像D

こんなレイアウトできたらなぁ
こんな機能をページに入れれたらなぁ

こんな悩みをワンタッチでかなえてくれます。

記事では

  • 表の表示
  • ボタン式のリンク
  • ステップ表示
  • ボックス(ブロックの囲い)
  • FAQ
  • カラム(メリットデメリットの所みたいに2分割表示)
  • 記事執筆者の表示(3人なのでありがたい)

トップページでは

  • 記事スライドショー
  • 写真付きでカテゴリー表示
  • 人気記事のウィジェット
  • サイト内検索
  • SNSのボタンリンク

前の無料テーマでは僕たちにプログラミングスキルがないため、他の人のブログを見ていいなーって思っても実現できていないデザインがたくさんありました

でも、SWELLならクリック一つで実現してしまいました!

メリット④ 無駄なプラグインを削減できる

無料テーマだと機能も少ないため、使ってみたい装飾を使うためにいろんなプラグインを入れてました。

その数、実に30個!

SWELLに変えた今では8個しか入っていません。

SWELLは機能が豊富すぎるため、いままでのプラグインと機能がかぶってて不必要になるんです。

  • 吹き出しを出すプラグイン
  • 目次をつけるプラグイン
  • キャッシュ系のプラグイン
  • Jetpack
  • AddQuicktag
  • TinyMCE Advanced

覚えているだけでもこれだけの機能はプラグインなしで標準装備されています。

プラグインが多いとサイトスピードが下がったり、SEO的に良くないのでとても優れています

メリット⑤ サイトスピードが改善される

上のメリットの続きなんですが、無駄なプラグインを入れないおかげでサイトスピードが爆速いです。

このサイトのトップページをPagespeed insightsで計測してみるとテーマを変えただけでこんな高スコアに

スクショはありませんが、前の無料テーマの時のスコアは5でした。(ヤバすぎ)

サイトスピードの向上ってなかなか難しいですが、テーマを変えるだけでこんなに簡単に。

メリット⑥ SWELL開発者の了さんがスゴイ 

先ほどデメリットでこの点は触れましたが実はメリットでもあるんです。

一人でこのテーマを開発しているのにもかかわらず、1.2週間に一回アップデートがあります。

そして、設定マニュアルもSWELL公式ホームページですべて網羅されているので、ホームページを調べるだけで大体解決します。

それでも問題が解決しなかった場合は購入者専用フォーラムやDMで質問できます。

しかも、すぐに返事をくれます。一人でやっているとは思えません。

僕も一度質問したのですが、すぐに返信が来てメチャクチャ助かりました。

前の無料テーマでは質問すると「有料で教える」といわれたのと比べてると神対応すぎる。

本当に初心者におすすめです。

気になるSWELLのインストール方法は?

ここまで、SWELLのいいところ、悪いところを紹介しました。

次はSWELLの導入方法を解説していきます。

とてもかんたんなので、写真の通りにやっていけばすぐにSWELLを導入できます。

  1. SWELLを購入
  2. SWELLをダウンロード
  3. SWELLをインストール

たった3STEP! では順番に見ていきましょう。

STEP
SWELLを購入

まずはSWELLの公式サイトにアクセス

『Download』をクリックしてください

スクロールして、ここで利用規約に同意し『購入』ボタンを押します

こちらの画面に飛ぶので、クレジットカードの情報を入力して、支払いボタンを押します。

STEP
SWELLをダウンロード

購入手続きが完了するとこんなメールが届きます

テーマのダウンロードに『購入者限定パスワード』が必要なので控えておいてください

SWELL会員サイトにアクセスし、マイページをクリックします

マイページにログインするときに、入力したメールアドレスと購入者限定パスワードを入れてログインします。

するとこの画面になるので、ここでSWELL(最新版)、SWELL子テーマの2つのZIPファイルをダウンロードします。

STEP
SWELLをインストール

WordPressで『外観』→『テーマ』と進み、うえの『新規追加』を押します

『テーマをアップロード』を押して、『ファイルを選択』と進んでいきます。

そこで、先ほどダウンロードした2つのZIPファイルをアップロードします。

必ず、swell バージョン名.zipから先にアップロードするように。

あとは子テーマのSWELL CHILDを有効化したら導入完了です。

お疲れ様でした

まとめ これからもブログを書いていくならSWELLが超オススメ

今回はSWELLの評判、メリットデメリット、導入方法を徹底解説しました。

  • 値段が他の有料テーマより少し高い
  • SWELLのサポートが製作者の了さんただ一人
  • 新しいテーマのため情報が少ない
  • 新エディター「Gutenberg」に完全対応
  • 専用プラグインで他テーマからの乗り換えがラクチン
  • ワンタッチでカンタンにカスタマイズできるデザイン性
  • 無駄なプラグインを削減できる
  • サイトスピードが改善される
  • SWELL開発者の了さんがスゴイ

SWELLは誰でも扱いやすい操作性と、シンプルなデザインをを兼ね備えた最強のテーマです。

新エディターが主流になっていくこれからにピッタリです。

僕ら自身かなり満足しています。

SWELLは最近かなりキテるWordPressテーマなので、買って損はしないと思います。

またこの記事では語り切れなかったSWELLの魅力が公式ホームページではたくさん紹介されているので気になった方は是非見てみてください。

https://swell-theme.com/ SWELL公式ホームページはこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる