LINEで手軽に本格的なFXトレード【LINE FX】

初心者でもできるアワイチ 海も山も食も満足1泊2日150㎞ライド! 一日目

とみのアイコン画像とみ

アワイチ(淡路島1周)サイクリングしてみたいけど
・初心者でもできるか不安
・女子でもできるか不安

こんな悩みを解決します。

なぜなら、僕みたいなサイクリング初心者やロードバイクに普段から乗っていない女子でも1泊2日で淡路島を満喫しながら完走できたからです。

この記事では、アワイチの基本情報や、実際に行ったときのルートやおすすめスポット、注意点を紹介してきます。

この記事を読めば、サイクリング初心者でも完走できるルートやタイムスケジュール、おすすめスポットがわかるはず!

目次

アワイチの基本情報

  • 総距離 約150㎞
  • 獲得標高(トータルで何m上るか) 1200m
  • 想定所要時間 10時間

軽くまとめてみるとこんな感じです。

淡路島への渡り方は

  • ロードバイクを車に積んで明石海峡大橋
  • 明石港からフェリー

の二通りがありますが、僕らはフェリーにしました。

フェリーが出ている岩谷港がアワイチのスタート地点になっており、サイクリング中の「一周まであと何キロ」の看板の基準なのでいろいろ都合がいいです。

アワイチの大まかなルート

大まかな流れは

1日目 岩谷港~洲本~南あわじ 80㎞

2日目 南あわじ~瀬戸大橋~慶野松原~明石海峡大橋~岩谷港 80㎞

こんな感じでルート設計しました。

上の写真で言うと1日目が右上の点から、左下の点まで。2日目がその残りです。

アワイチ全体の流れとしては

  • 平坦で、観光やおいしいものがいっぱいの東部
  • 4つの山があり、傾斜がきつい地獄の南部
  • 何もなく平坦な海岸沿いの西部

ということは、1日目の後半にきつい傾斜の連続が待っています。

なので、時間に余裕を持ちつつ、日が落ちるまでに走り切りましょう。

2日目は地獄の南部の途中からスタートなので、最初はしんどいですが、山を抜けると平坦で綺麗な海沿いが待っているので頑張りましょう。

ここからは実際にとみ、D、Kevinと女子3人で淡路島を走っていく様子を見ていきます。

アワイチスタート  ~淡路島上陸に向けての準備~

まずは、車で明石まで行き、淡路島行きのフェリーに乗るための準備をしていきます。

僕ら3人は駐車場でロードバイクを組み立て、女子3人は明石駅近くのレンタサイクル屋へ

明石 淡路島レンタサイクル

レンタサイクルはこちらの明石 淡路島レンタサイクルさんを利用しました。

初ロードバイクの3人に短時間で乗り降りの仕方、変速など丁寧に教えていただきました。

そして、とみとDはサービスでヘルメットも貸していただけました

店の人も優しく気さくなのでオススメ

準備が整ったところで、ついに淡路島行きのフェリー『淡路島ジェノバライン』へ

運賃は530円と自転車料金240円の合計770円

しかし僕たちは6人で来てたので回数券をみんなで分けて少しお得に

複数人で行く方はチェックしてみてね

明石港から淡路島まで13分。一瞬で着いちゃいます。

10時ちょうど、ついにアワイチスタート

最初の昼食 ~いづも庵の玉ねぎ丸ごとかき揚げうどん~

岩谷港からスタートして20㎞

先ほども紹介した通り、平坦で見どころも多い東部はストレスもなくスイスイ進んでいきます。

ノンストップで漕ぎ続けること約1時間最初の昼飯スポット『いづも庵』へ

ここでは淡路島名産の玉ねぎを丸ごと一個天ぷらにしたつけうどんがいただけます。

見た目も凄くて超絶品なのでここは外せません

人気店なので開店の11時についておいた方がいいかも♪

嵐の前の静けさ ~デザートで山に向けて体力回復~

美味しいご飯を食べて満足したところで、ゆるゆるとサイクリングスタート

途中で映えそうなスポット発見!

ひとまず休憩して良き目な写真📷

漕ぎ進めること1時間、カフェ『ペガサス』で坂に向けて最後の休憩

綺麗でおしゃれなカフェにチャリダー6人は完全に浮いてたけどパフェ美味しかったからオッケー

ここからの道は想像以上の険しい道なことまだ知らずに…

淡路島南部に突入 ~アワイチ激坂地獄のはじまり~

上の写真の通り、今回の旅で一番距離が長くきつい

そして、赤で囲んだところがきつい坂ゾーンです。

全部で4つありその中の3つを一日目に越えなければなりません

また、洲本を過ぎたら宿までコンビニがありません。そして、電波も圏外になることも!

トイレや物資補給ができないので、洲本で済ませておきましょう。

まずは一番キツイ1つ目の激坂ポイントへ

最初は景色がきれいな坂道だったが

だんだんガチの山道に

だんだん初心者とサイクリング経験者の間に差が

たった1㎞でこんなに高低差が出てしまいます。

めちゃめちゃ上ったのにまだ半分という事実!!

ここでチャリダーたちの心をへし折ります。

なんとか上り切った後の景色は最高でした。

1つ目の坂を超えると『南淡路水仙ライン』という平坦な海岸沿いの道に出ます。

2個目の坂までひとまず休憩

こんな感じで2つ目、3つ目の坂も超えていきます

実は、ここからはあまり写真がありません(泣)

宿の近くに『G・エルム』という有名なジェラート屋さんがあって、そこが18時に閉まるため、

間に合うかどうか五分五分だったからです。

写真を撮ることを我慢して、走り続けること2時間

6人バラバラになり、とみとKevinだけが『G・エルム』に時間通り到着。

なんと、臨時休業!!

あんなに頑張って漕いだのに!

まさかの出来事にとみはキレてロードバイクを放り投げたらしい(笑)

これを見て『G・エルム』に行かれた方はコメントに感想でもお願いします泣

1日目まとめ

今回はアワイチの1日目を紹介しました

  • 最初は美味しいものや観光名所が多く楽しい(時間配分に気を付けて)
  • 南部は上級者でもしんどい上り坂が続く
  • お店が開いているかは事前に確認する

注意点はこんな感じですね

これを見てアワイチにチャレンジしてみたいと思った方は是非挑戦してみてください!

二日目はこちらから

他のサイクリング旅も見たい方はこちら

サイクリングに興味が出た方はこちら二つがオススメ

ブログランキング参加中!! あなたのワンクリックがとっても力になります! 応援よろしくお願いします⇓

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる