LINEで手軽に本格的なFXトレード【LINE FX】

3人で走り切れ!!1週間瀬戸内一周サイクリング旅600㎞ロングライド

こんにちは、Dです。

今回は大学生トリオブロガーとみ、D、Kevinの旅ブログ。

今までアワイチ、ビワイチといろいろな〇〇一周サイクリングをしてきた僕たちですが、この旅はスケールが違います。

1週間で瀬戸内一周(通称 セトイチ?)に挑戦してきました。

自転車で大阪→兵庫→岡山→広島→高知→徳島→和歌山→大阪と一周、距離は約600㎞。

期間が長いこともあり笑いあり、涙ありの超タフな旅となりました。

この記事を読んでいもらえば、この貴重な経験をすこしは味わえるかも。

この記事を読んでほしい人
  • サイクリスト(初心者から上級者まで)
  • 旅感を味わいたい人
  • 普通の旅行では物足りない人
目次

セトイチとは?

セトイチは上でも言った通りこのようなルートを通ります。

1週間のライドスケジュールはこんな感じ。

  1. 大阪→兵庫県たつの市 125㎞
  2. たつの市→広島県福山市 150㎞
  3. 福山市→しまなみ海道生口島 60㎞
  4. 生口島→愛媛県西条市 70㎞
  5. 西条市→徳島県三好市 100㎞
  6. 三好市→和歌山県和歌山市 80㎞
  7. 和歌山市→大阪 80㎞

サイクリングをしたことがない方にとったら途方もない距離ですよね(笑)

そして旅行の日程が7/4~11 ちょうど熊本や長野、島根で記録的な豪雨が降った日です。

なので、一週間ずっと雨です。基本的に晴れません。

僕たちもまだまだサイクリング初心者で、悪天候ですが、何とか走り切りました。

あとこの旅記事を読むに当たり注意点

  • 宿はその日にとるor野宿(基本節約)
  • 観光はあまりしないがおいしいものにお金は惜しまない(飯テロ注意)
  • 僕らは初心者サイクリストなのでゆるーく旅します(ゴリゴリ走る方はあまり合わないかも)
  • 旅の中のしょーもない出来事も書きます(ただの僕らの旅日記です笑、僕らの普段の一面が見えるかも)

こんな感じでよろしくお願いします。

とみのアイコン画像とみ

セトイチについてもっと詳しく知りたい!!

って方はこちらにまとめてみたので気になった方は是非読んでみてください。

0日目 「早く寝ろよ」

出発は大阪のとみD-Kevinハウス。

前日に集まって3人で早起きして出発する作戦。

しかし、前夜祭と言ってお酒を飲んでいろいろ語り合った結果、寝たのが夜の3時半

作戦は完全に失敗(笑)

Kevinのアイコン画像Kevin

0日目から先が思いやられるわ

1日目 「幸先の悪いスタート」

朝9時、7時発のつもりだったが案の定寝坊

早朝は大雨の予報だったからと夜更かしを正当化

何とか30分で準備してスタート、5㎞程走ったコンビニで事件発生

とみが自転車のカギを忘れているのにもかかわらず、鍵を閉めてしまいました!

Kevinのロードバイクを使って、急いでハウスに戻ることに

しかも、それまでは耐えていた雨も本降りに。スタートからハプニングだらけ

まあハプニングも旅ならでは

とみのアイコン画像とみ

マジでごめん

大阪から神戸へ

大阪は阪神高速3号線の下を走っていきます。

木津川、安治川、淀川、中島川が大阪湾に流れてくることもあり、すべてデカい歩道橋で渡らなくてはならない

そのため大雨の中何度も自転車を降りて階段を上って、下っての繰り返し。これが結構キツイ

四つの川を渡ってようやく兵庫県へ

昼ごはんは六甲道に美味しいラーメンがあるそう、もう少し頑張る。

ですが、有名なラーメン店は大大行列、妥協してチェーンの油そば店へ

長い兵庫県をひたすらに漕ぐ

兵庫県は広いが平坦でとにかくサイクリングに適した道

観光はしないため、このように写真だけはとりながら進んでいく

夕方は太陽も出ていよいよサイクリング日和に

思い出の地、淡路島への道の明石海峡大橋。

Dのアイコン画像D

またアワイチしたいなぁ

最高の夕飯 やま義のあなご飯

大阪から100㎞、姫路駅の近くにあるあなご飯の名店「やま義」

1780円と少し高めだが、絶対に食べてほしい逸品

炭火で焼かれていて香ばしくもふわふわなあなごに、甘いタレにツンとくるわさび。

そして最後にお吸い物でお茶漬けにして食べるのも最高。

これだけは絶対に食べてほしい。

あと20㎞で1日目の目的地、あと少し頑張れ

Dのアイコン画像D

実は好きすぎて3回も食べに来てます

あれっ宿は?

漕ぎ続けて120㎞、一日目の宿「龍野西SA」に到着。

Kevinのアイコン画像Kevin

え、ちょっと待って、SAってサービスエリア!?自転車やのに何で?てかSAに宿ってあるん??

最近のSAは下道からも利用できる制度があります。それ利用して、料金0車なしでSAを利用できます。

でも、肝心の宿は?

そうです、1日目にして人生初の野宿をしてきました。

だって、トイレあり売店ありフリードリンクあり。こんな野宿に最適なスポットはありません(?)

初の野宿に向けて、僕らも無策というわけではありません。

僕が野宿のために持って行った野宿グッズは寝袋用のマットと防災用のアルミブランケット

寝袋マットはボトルケージに入るほどコンパクトなのに、空気で膨らますと寝心地最高

これを読んで「空気を入れるのめんどくさくない」って思った人いると思います。

なんと内蔵のポンプを踏むだけで簡単に膨らみます。しんどい中、口でフーフーして膨らます必要なし。

防災用のアルミブランケットもiphoneくらいコンパクトなのに全く熱を逃がさない商品

これは野宿だけでなく防災にも使えるので防災のリュックに入れておけばいざというときに使えるかも

この二つで熟睡できたのか、その結果は次の記事で発表します。それまでお楽しみに

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる