LINEで手軽に本格的なFXトレード【LINE FX】

大学生がヒッチハイク 体験談 上手くいったコツとは

こんにちは!とみです!(^^)! 僕は大学生で、今しかできないことを経験しようと思い、悩んでいました。

そんな時、ふと思いついたのです。

そや、ヒッチハイクしよう!

人と話すのは好きだし、まあいけるやろくらいのノリで決まりました。(笑)

なので、今日は皆様にヒッチハイクの体験談について書いていきたいと思います!!

とみのアイコン画像とみ

ヒッチハイクのコツもお教えします!ここにテキストを入力


この記事を読んでほしい人

ヒッチハイクに興味ある方

ヒッチハイクのコツを知りたい方

ヒッチハイクのメリットを知りたい方



目次

ヒッチハイクのやり方

ヒッチハイクは大きく分けて2種類あります。

  • 指立てハック
  • 声掛けハック


指立てハックとは、親指を立てながら道路沿いに立ち、乗せていただけそうな車を待つやり方です。画用紙に目的地を書いて掲げる方法はこちらですね。

声掛けハックとは、実際に声をかけて車に乗せていただけるかを尋ねるやり方です。

僕は、主に前者の指立てハックで今回のヒッチハイクに臨みました。

これが吉と出たのか凶と出たのか、後半へお楽しみに~(^-^)




体験談 ストーリー

ヒッチハイクしようと思い立った1か月後、僕のブログの相方Kevin(日本人)と共に、大阪の吹田SAを出発しました。



特にノープランで行きました。(笑) とりあえず大阪発の東京着を目標にしました。



とりあえず、名古屋向かいました(笑)


・1日目

開始30分で、1台目の車が止まってくださって、京都の桂川PAまで乗せてもらいました。初めて車を拾うことに成功したので、喜びを隠しきれませんでした。(笑)

次の車もまた30分程度で捕まえることが出来ました!

仲睦まじい夫婦。。

滋賀の大津SAまで乗せてもらいました。

3台目の車の方がすごかった。

大津SAで休憩しようと歩いていたら、なんとそこで別の大学生ヒッチハイカー2人組に出会いました。

初対面ですが、意気投合して話も盛り上がりました。(もう次乗せてもらう車は決まっているみたい。。)

「やっぱ旅にはこういう出会いが最高ですよね。。」

なーんて思っていると、後方から、

「君らもヒッチハイクか!名古屋まで乗っけたるわー!」

と、僕たちが知り合ったヒッチハイカー2人組が乗せてもらうはずだった車の方に同伴させていただけることになったのです!!

なんという偶然に偶然が重なった結果なのか。

僕たちは嬉しさを通り越して困惑してました。(笑)

さらには、名古屋に到着してからのこと。昼ご飯をそのドライバーの方にご馳走してもらったのです(´;ω;`)

なんという気前の良さ。感動して、いつか僕たちも恩返しがしたい。

その後、名古屋からは下道でヒッチハイク。高速に上がりたいと考え、愛知の刈谷SAを目指すことにしました。



国道1号線沿いで、今までどうり指立てハックをしていると、4台目の車がハザードを焚いて僕たちの前方で停止。

乗せてくれたのは、陽気なカップル。

「youtuberかと思って、おもろそうやから乗せようってなったわ~」

「1回通り過ぎたけどまた戻ってきたわ(笑)」

と言われ、youtuberでもなければ、特に面白い鉄板話も持っていないので冷や汗がだだ洩れ。。(笑)

とはいえ、優しいお二方に刈谷SAまで乗せていただきました。

5台目の車も衝撃的でした。

これが本当に信じてもらえないかもしれないのですが、

開始30秒で乗っけてくれることになったのです。(笑)

30秒ですよ?!(笑)指立てハック始めたと同時に車が止まってくれました。

僕たちも驚きを隠せず、「ありがとうございます!」と乗っけてもらいました。

そして、愛知の赤塚PAまで乗せていただきました。この時点ですでに夕方5時を回っていました。

「そろそろ下道に降りなSAで野宿やな~」

と冗談半分でぼやきながら指立てハックを続けていました。

6台目をなかなか捕まえることが出来ない。あっという間に午後6時に。

冗談で言っていた野宿がもう目の前でした。。(笑)

そろそろヒッチハイクのやり方を、声掛けハックに切り替えようとしたその時、神様が舞い降りました。

「お兄さんたち、どこまで行くの?」

と、中高生くらいの男の子が話しかけてきてくれたのです(T_T)

なんという奇跡でしょうか。話を聞くと、中学3年生だと。(以下T君)

「乗せてあげる」と言われ、車まで案内されると、親御さんがすでに乗車していらっしゃいました。

乗せてもらっている時に、「どうして僕たちを乗せようと思ったのですか?」

と、T君と親御さんに尋ねてみたところ。

すると、「寒そうだったから(笑)」と二人揃って言われました。

そんな感じで話も弾んでいると、T君の将来の夢の話になって、

T君は、「教師になりたい!」と言いました。

えー!僕も教師を目指しているのでびっくり('◇')

思わず、「僕も教師目指していて、一緒に頑張ろう!!」と伝えました。

やっぱり、出会いっていいなと再び感じさせられましたね。

そこでT 君と写真をパシャリ。今でも僕の思い出の1枚になっています。

1日目はこんな感じ。すごく自分の人生にとって大事な1日になったような気がする。

・2日目

浜松を朝9時ごろに出発し、国道1号線沿いで昨日と同様に指立てハック。

静岡は横に広いので、なんとしても東名高速道路に上がりたいと考えていました。

この時、すでに僕たちの目的地は決まっていました。どこかというと、

伊豆大島

ね、バカでしょ。(笑) 

島に急に行きたくなりましたね。皆さんもそういうことよくあると思うのですが、、

早速計画を練りなおし、目的地は静岡最東部の熱海に決まりました。

熱海から出航のフェリーに乗りたかったので。

さすがにフェリーをヒッチハイクするのは前代未聞すぎて出来ませんでした。(笑)

伊豆大島の体験談↓

あわせて読みたい
伊豆大島 1泊2日 弾丸旅行!(前編)
伊豆大島 1泊2日 弾丸旅行!(前編)こんにちは、Kevinです!今回の話は、ヒッチハイクで大阪から熱海まで行ったときの続きです。https://www.tomidkevin.com/hitchhhiking/studentこちら記事を読むと今回...



さて、話を戻しますね。

7台目の車はというと、軽トラでした。(笑)助手席に2人座れるタイプで、乗せていただきました。

MT車だったので、車の加速が身で感じられる。。

窓もあけていいということだったので、全開にして、風を感じさせてもらいました。

ほんの20分程度でしたが、初めての軽トラ旅に興奮状態。

僕は、AT車の免許しかなかったので、「MTカッコイイなあ」と心の中で。

僕たちが降ろしてもらったのは、ちょうど袋井ICの前。ここは、東名高速道路に上がれるICなので、再び頑張ろうと思っていました。



じつは今回のヒッチハイクで、1番苦戦したのがこの袋井ICの前。

2時間立ち往生でした( ;∀;)  風で目的地が書いてある画用紙も破れるしでもう散々。。


↑袋井ICでの実際の様子

風が強すぎてボロボロになってしまった紙(笑)


やっとのことで8台目の車を拾うことに成功。

なんとその車はアルファロメオ!(有名海外自動車メーカー)

しかもドライバー大学生?! 話を聞くと、テレビや家具を売って生計を立てているらしい。。(笑)

そこまでして外車が欲しかったのか。。とは言いませんでしたが。(笑)

その大学生に、静岡の日本坂PAまで乗せてもらいました。

9台目は割とすぐに捕まえることができました。

道の駅富士(下道)まで静岡出身のご夫婦が乗せてくださいました。

その時に車から見えた富士山が絶景。

新幹線からでは見えない富士山の裾まで見ることができました。



道の駅富士で10台目の車を探すも、なかなか見つからない。(下道は捕まえにくいのか...?)

90分くらい指立てハックで粘って、やっと10台目の車に乗せてもらえました。

信じられないのが、その時、僕の相方Kevinがうとうとと寝だしたのです('_')

車に乗せてもらっているのに寝るのは、畳に水をこぼすくらいやってはいけないことですよね。(笑)

そして、箱根まで10台目の車の方が運んでくださり、熱海はもう目の前。

ラスト11台目の車はというと、いかにも元ヤンみたいなドライバー。 

窓を開け、「乗っけたるわっ!!」と手招き。

僕たちも、なぜか勢いで飛び乗ってしまいました。(笑)

いざ話してみるとめっちゃいい人( ;∀;) 人はみかけによらない。

その方に最後まで乗せてもらい、無事、熱海に到着。この時点で夕方5時。

熱海を観光しながら、「到着の記念に何かしたいな~」と思っていました。

そや、熱海の海沿いで野宿しよ。

またバカが出てしまいました。(笑)

居酒屋で飲んだ後、熱海港の近くに行き、寝袋を広げて、中にくるまりました。

海風が感じられて気持ちいい。(ちょっと寒いけど。)

海を眺めながら、この非日常な2日間のことを回想していましたね。

次の日、朝早く起きて、熱海の日の出を目に焼き付けました。


↑熱海港の日の出の瞬間

僕たちは最終的に2日間で、大阪の吹田から静岡の熱海までヒッチハイクで進むことが出来ました('◇')ゞ




教訓 コツ

二日間のヒッチハイクを終えて、体感したことは大きく6つ。

  • 声掛けハックよりも指立てハックの方がいい
  • 下道では車を拾いにくい
  • 目的地はこまめに変えるべき
  • さまざまな出会いがある
  • 忍耐力がつく
  • 感謝の気持ちが心から生まれる


1つ目:僕たちの経験上、指立てハックの方がおすすめ

ヒッチハイクのコツは、笑顔でヒッチハイクして、相手から声をかけてもらうのを待つ。

声掛けハックだと、初対面で相手に恐怖心を与えてしまう可能性があるかもしれない。と、僕たちなりに考えを持っていました。

この笑顔が重要だったのかも。。

その考えは合ってたのか、SAで夜を明かさず目的地までたどり着きました。


2つ目:高速道路のSAでのヒッチハイクがおすすめ

SAには車を停車できるくらいのスペースがたくさんあります。

「乗せてあげようかな」と思っても、停車できる場所がなければ意味がありません。

下道だと、そのような場所を見つけるのがまず大変。

実際、下道で1周して戻ってきてくれた車もいらっしゃいました。これは例外です。(笑)

ヒッチハイクするならSAでやりましょう!!


3つ目:近いところを目的地にするのがおすすめ

目的地が決まっていても、いきなりその目的地を画用紙やスケッチブックに書くことはおすすめできません。

袋井ICで苦戦してるとき、僕たちは熱海と書いてヒッチハイクしていました。

ところが、僕が「熱海は遠いんとちゃうか。そこに行く人は限られとる。」

と言って、画用紙に”掛川”(次のPA)と書き直しました。

すると、15分後くらいに車が止まってくれました。

おそらく、近くに設定するほど、そこに行く人が多くなる。

その結果、車を拾える可能性upということでしょうね。

当たり前なんですけど。。(笑)


4つ目:出会いがたくさんあって感動

同じ大学生ヒッチハイカー。同じ夢を持つ中学生。

御飯までご馳走してくれるドライバー。車で戻ってきてまで乗せてくれたカップル。

他にもたくさんの方から刺激をいただきました。

出会いを求める大学生はヒッチハイクやるべき!


5つ目:車が捕まらない時は地獄

僕たちは2度苦戦しました。ちなみにどちらも下道。。(笑)

風にビュービュー吹かれ、2時間立ちっぱなし。いやでも忍耐力つくわ。(笑)

それでも、車を捕まえた時の喜びはその辛さを超えますけどね。


6つ目:改めて、感謝の気持ちが純に出てくる

僕たちは11組の方々に助けていただき、その際、感謝の気持ちは必ず伝えました。

言葉で伝え、たまには形で残るものでも伝えましたね。

見返りなど求めず、普段では感じられない純粋な”ありがとう”を実感できました!




最後に

ここまでお読みいただいてありがとうございます!

少しでもヒッチハイクのことが分かっていただけたでしょうか?

僕は、ヒッチハイクを経験できて良かったと感じています。

大学生、今しか経験できないことを出来てよかったです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LOGOS ロゴス ADVEL ダッフルリュック 40L バックパック ブラック 黒
価格:11990円(税込、送料別) (2020/3/28時点)

実際に使ってたバックパックです↑↑

あわせて読みたい
おすすめのバックパック! logosの大容量ダッフルリュック
おすすめのバックパック! logosの大容量ダッフルリュックこんにちは!!とみです( `ー´)ノ今日は、僕が愛用しているバックパックを紹介しようと思います~僕は旅に行くことが多くて、その際いつもこのバックパックにお世話に...

            by とみ

ブログランキング参加中!! あなたのワンクリックがとっても力になります! 応援よろしくお願いします⇓

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる