LINEで手軽に本格的なFXトレード【LINE FX】

【神様のバレー】元バレー部のおすすめマンガ

こんにちは!とみですー ^^)

いきなりなんですけど、暇な時って何したらいいかわからないですよね。。(笑)

そんな皆さんに、僕がおすすめの暇つぶしを提供します!!(^O^)/

ずばりコレ!

マンガを読む。


というわけで、僕が一番大好きなマンガを紹介。(ここまでは前フリ)


この記事を読んでほしい人

バレー漫画に興味ある方

おすすめのバレー漫画を知りたい方

マンガ”ハイキュー‼”に読み飽きた方



僕はバレーボールが大好きで、バレーに興味がある人にはこのバレー漫画を心からおすすめしたい!

それは

【 神様のバレー 】

↑タイトルです。(笑)


とみのアイコン画像とみ

胡散臭い題名なのは気にしない!



↓とみのバレーボールの記事

あわせて読みたい
【部活動入部への動機】バレーボールを始めたきっかけ
【部活動入部への動機】バレーボールを始めたきっかけこんにちは!とみです。今日はというと、僕のバレーボールを始めたきっかけについて話そうかなと思ってますー!(^^)!ちなみになんですけど、僕もDもKevinもバレー部出身...



目次

神様のバレー

神様のバレーというマンガは、2012年の12月から連載されています。

というのも、僕がちょうどバレーボールにハマりだした時期(中学時代)なんですよ!!

原作渡辺ツルヤさんで、 作画西崎泰正さん。

今でも神様のバレー読んでます(^-^) 現在、単行本21巻まで出版されています。

最新の22巻は令和2年5/14に発売されています!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神様のバレー 22 (芳文社コミックス) [ 渡辺ツルヤ ]
価格:682円(税込、送料無料) (2020/5/16時点)


では、神様のバレーというマンガのあらすじを紹介していきたいと思います!!


あらすじ

主人公であるアナリスト”阿月総一”が万年1回戦負けのチームをコーチとして全国制覇へ導いていくストーリー。

※アナリストとは、コート外から相手チームを分析し、監督に的確な情報を送る役職

そのチームの全国制覇を成し遂げた暁には、全日本男子バレーの監督のイスを用意してもらえることになったのだ。

しかし、まんまと騙され、弱小中学校(通称;幸大学園)のコーチをやらされるはめに。。

中学男子バレー部の指導を行うことになった阿月の運命やいかに( ;∀;)



とみのアイコン画像とみ

ここからは、僕の主観も混じっています~(笑)

登場人物

阿月総一(アヅキソウイチ)

アナリストでありながら、バレーボール指導者でもある。

言葉遣いが荒く、俺様タイプな性格。

チームの分析力をしっかりと持ちながら、観察力もかなり優れもの。

相手チームのアップを見るだけで、相手の次の攻撃を見破ってしまうほど。

巧みなバレー戦術で相手の意表を突く嫌がらせを多々仕掛ける。

ほんとに、神様級のスキルの持ち主。 恐ろしや~(:_;)

木下勇紀(キノシタユウキ)

通称;ブタシメジ ←このように阿月から呼ばれている。

ひどい言われようだが、こちらもデータを巧みに操るアナリスト。

少々、オクテなところがある。(笑)

阿月の相方的存在で阿月のサポートをしている。

中学時代、いじめられているところを阿月に助けられて、阿月に憧れて尊敬している。

鷲野孝子(ワシノタカコ)

通称;ハゲワシ ←阿月からこのように呼ばれている。

阿月がコーチとして教えることになった幸大学園男子バレーボール部の女性監督。

プロ入り目前だったのだが、膝の故障が原因で、指導者側に回ることに。

気合と根性論で押し切る熱血タイプ。阿月とは正反対の指導者。

ブタシメジとイイ感じの関係になる予感。。




その3人の他にも、一人もキャラ被りせずに次々と出てくるプレイヤー。

阿月の婚約者?!も登場します。(笑)



おすすめしたい人

・バレーボールをもっと知りたい人

・バレーボールが上手くなりたい人

・現実感のあるバレー漫画を求めている人

・ニッチなバレー漫画を求めている人


バレーボールを全く知らない人にはおすすめできないかも。。

そんなひとには、バレー漫画「ハイキュー!!」がおすすめ!


マンガの中にたくさんのバレー用語、バレー戦術が出てきます。

マンガのストーリーも文句なしで面白いのに、バレーボールの知識もどんどん勉強できてしまう。

バレーボールに少しでも興味のある方は読んでほしい( `ー´)ノ

そして、バレー漫画と言えば「ハイキュー!!」を思い浮かべる人がほとんどでしょう。

僕もハイキュー読んでます! すごく面白くて、バレーボールが知らない人でも楽しく読めてしまうようなストーリー。

しかし、分かる人には分かるとおもうのですが。。


現実味がない。


コートの端から端まで瞬間移動とか。目をつぶってスパイクとか。(笑)

他のバレー漫画でも同じことが言えて、例えば、「ハリガネサービス

主人公がサーブを無限にコントロールしたり、

レシーバー(リベロ)が体のどこにボールを当ててもピンポイントにレシーブするとか。(笑)

これらは現実ではありえません。全日本バレーの試合で見たことありますか?

肩や足で正確なレシーブしてる人。そんなやついたらかなり奇人ですよね(笑)

神様のバレーは情報をベースにして戦術や戦い方を変えていく、いわばデータバレーみたいなものです。

そんな紹介すると堅いイメージがつきそうですね。(笑)

簡単に言うと、サーブの距離の平均値を出させて、それを試合で実践するみたいな感じ?(笑)

とりあえず読んでほしい!

奇人が暴れるバレー漫画も面白いですが、データバレーもまた面白い。

新しいバレーボール漫画、読んでみませんか??

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】神様のバレー (1-21巻 最新刊) 全巻セット
価格:13728円(税込、送料無料) (2020/3/30時点)

          by とみ

ブログランキング参加中!! あなたのワンクリックがとっても力になります! 応援よろしくお願いします⇓

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる